ウルトラエイト最大の弱点とは?

ウルトラエイトと言えば、テレビショッピング番組でも紹介されることがあり、いまものすごく人気が出ているフットマッサージャーですね。

 

8つの揉みボードによってふくらはぎから足の裏まできめ細かいマッサージをすることができ、まるでプロのマッサージ師に揉まれているかのような体験を自宅で味わうことができるので、普段立ち仕事で脚がむくんでいる人やデスクワークで脚の筋肉を動かすことが少ない人、営業で歩き回って脚に疲労が溜まっている人には救世主のようなアイテムとなっています。

 

ですが、抜群の性能を誇っているウルトラエイトですが、最大の弱点があるのは理解していますか?

 

その弱点というのは、使わないときはただの置物になってしまうということ。

 

マッサージ機はマッサージをするとき以外は使う用途がありませんし、マッサージをする時間はせいぜい10分、長くても20分くらいしか使いませんから1日のほとんどがその役割を果たせていません。ただの置物になってしまいます。

 

確かにウルトラエイトのマッサージ効果は他のフットマッサージャーと比較すれば格段に優れているかもしれませんが、自宅で使う場合、ただマッサージ効果が優れているだけでもダメなのですね。

 

>>ウルトラエイト公式通販サイトで詳細をチェック! ウルトラエイト公式通販サイト

マッサージ効果だけじゃダメ!

ウルトラエイトはマッサージ効果は優れているかもしれませんが、それ以外は何にも役に立たないという弱点があります。

 

一つのモノでいろんな役割を果たしてくれる2WAY3WAYのものが主流になってきている中で、フットマッサージャーとしての性能のみを追求しているのはある意味では物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

その点「キューブ」はマッサージ機として使わない時にもオットマンという役割があるので、マッサージ機として使っていないときでも役に立たないということはないでしょう。

 

オットマンは脚を乗っけて使うこともできますし、インテリアとしてその空間に存在するだけでもおしゃれな部屋へと引き上げてくれますから、そこに存在するだけで価値があるというのは無駄がないスタイリッシュさを感じられますね。

 

それに、マッサージ効果に関しても揉み心地の良さはウルトラエイトに劣ってしまうところはあるかもしれませんが、得られる効果としてはキューブもウルトラエイトと同じように医療機器認証されているので疲労回復や血行促進、筋肉痛の緩和などの効果が認められていますから違いはありません。

 

マッサージ効果だけを求めるのもいいと思いますが、日常生活を豊かにしてくれるインテリアとしての役割を持ったフットマッサージャーの方が、長い目で見たら需要は大きいのではないでしょうか。

 

キューブは価格が高いというデメリットがありますが、その価格に関しても最安値価格で買う方法がありますし、多少の金額の差であればいい投資になるのではないでしょうか。